児童手当を原資としてアメリカ株で教育費を貯める計画

 我が家には子供が現在3人います。この3人の子供が将来大学まで進学するとした場合の教育費を用意しておかなければなりません。貯金で賄うのが理想ですが、現在の我が家の経済状況では現実的ではありません。
 そこで、我が家においては世帯の収入とは異なるお金である【児童手当】を教育費に充てることとしました。【児童手当】は第1子・第2子においては出生から中学卒業までで約200万円、第3子以降は約250万円にもなる大変ありがたいお金です。残念ながら長男の児童手当の一部はすでに消費してしまいましたので長男は途中から、長女と次男は最初から全額をアメリカ株に突っ込む計画となっています。

 前提として、幼稚園・保育園期間から小学校⇒中学校⇒高校までの期間の教育費は家計から捻出し、大学や専門学校への進学に関わる費用をこの【児童手当】から捻出しようという計画となります。
 では、仮に大学への進学を果たしたとして一体いくらの教育費を用意しておけばいいのでしょうか?

 私立大学への進学だった場合、4年総額でおおよそ500万円程度かかるようです。児童手当をすべて貯金しても200万円ですから到底足りません。もちろん毎月の収入から不足分を貯金するのが安全性からみても良い方策なのでしょう。仮に不足分の300万円を貯めるとなると0歳から18歳までの18年間で貯める場合「毎年166,667円」が必要となります。月に直せば約14,000円です。意外といけそうですが、この数字は1人当たりです。我が家は3人の子供がいますから単純に3倍で毎年50万円、月々だと約42,000円となります。ちなみに500万円全額を貯金で賄うとなると1人あたりで毎年約28万円、月々で約23,000円となります。  (無理ゲーですわ)

 さて、本題です。児童手当を原資としてアメリカ株に投資した場合にいくらまで資産を増やせるのでしょうか? リターンが年率3% 7% 10%で計算してみました。第1子・第2子の場合は以下のようになります。

  年率3%  原資約200万円 ⇒ 18歳時点で約270万円

  年率7%  原資約200万円 ⇒ 18歳時点で約420万円

  年率10%  原資約200万円 ⇒ 18歳時点で約590万円

 同じ年率で第3子以降は

  年率3%  原資約250万円 ⇒ 18歳時点で約340万円 

  年率7%  原資約250万円 ⇒ 18歳時点で約530万円 

  年率10%  原資約250万円 ⇒ 18歳時点で約730万円 

 もちろんこの計算は理想です。教育費の支出が始まる高校3年生18歳で暴落が起きていないことが前提ですし、実際の運用では高校入学後は暴落を考慮して順次現金比率を高める必要があります。さらに言えば、児童手当は生まれた月によってもらえる金額に差がでますので上記の原資は理論値(全額もらえるという夢の数字)です。さて上記の結果、目安としては年率7%を得られれば後は子供たちの頑張り次第となりそうです。成績を上げて学費の一部免除と獲得することや不足する学費をアルバイト代で賄うことや奨学金も選択肢になります。このほかにも親が借りる教育ローンもありますね。

 次は何に投資をするのかを決めましょう。

 子供たちの未来が良い旅路でありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました